『意外と知らない自分のこと』Instagramより

リニューアルオープンから月日が経ち
予約制から半分予約制→全日予約なし
とご来店へのハードルも下がり、色んな方々が来て下さるようになってきました。

そんな中、最近はよく美大生のみなさんや若いアーティストの方とお話しすることが多くて、僕らの学生時代と違って色々と悩み事も多い時期(時代)に大変だなぁと思うのです

と言っても僕はカウンセラーでも聞き上手でも無いので何の足しにもならないのですが、『こんなヘンテコな人間がヘンテコなお店をやって生きている』と言う証明にはなっているんじゃ無いかと思います(余裕はないですが)

いろんな事で悩むこともあると思いますが、僕もこの歳になって『まだ自分の事ってわからないことが多いです』

他人の事だと『なんでこうやらないの?』ってすぐ改善点が見つかるのに、自分の事だとよく分からんのが不思議

おじさんの僕も毎日自分のことを新しく発見します👀

『あっ自分これが好きだったんだ』とか

『これ食べるから次の日調子良いんだ』とか

またその逆も💡

自分と対話して『お前これ苦手なんだな。自分の事なのに知らんかった。スマンな。』なんて向き合い方をすると意外と答えはシンプルだったりします

学生時代は訳も分からずに『なんか心が乗らない』って事も多いし、その理由が自己分析できなくて消化不良で終わっちゃう事が多々あります。僕も学生時代はそうでした🧔🏻

30歳こえてからかな?自分の取説が少しずつ解読でき始めたのは

それでもまだ取説の中で読めない部分が多いですし、新たなページも増えていってるような気もします📖

悩み事の多さに年齢は関係ないですが、『自分のことが分かるには少し時間がかかる』と僕は思っています

自問自答が多かった僕が言うんだからある程度は間違いないと思う🤔

先ずは『自分が好きな物と嫌いな物』見つめ直したら自分も知らない意外な自分が知れるかも

僕はどの世界や業界でも若い人が1番今のリアルを体感していると思っていて
10代の人達が1番時代の先端にいるんじゃ無いかと思ってます
多感でエネルギッシュで繊細で
『大人達や社会への反抗とかも含めて』1番時代の先端で何かを感じて生きてるなと

10代で悩み考えることが、20代で社会に出て色々揉まれて、30代くらいからやりたい事ができ始める

僕の勝手な意見だけど、僕含め、世の中のおじさんおばさんはもう今のリアルを知らない年代になってると思ってて

そんな人達も昔はその時代の先端にいたリアルな若者だったんだけど、それはもう過去のもので

先人達が『色んな意見』で揺さぶってくるかもしれないけど

あなた達が1番時代の先端にいる先駆者達だから次の時代を作るのは自分達だと安心していいと思うよ

僕はそう考えています

特にうちに迷い込んでくるような少数派のみなさんは色々と迷うことも多いだろうけど、1番は自分の声に耳を傾けるのが重要かなと思います

ひとつ展示を終え、そんなことを伝えたくなったオーナーより

みなさまgoodな週末を👍

good is good. 公式Instagramより(7/1)