アーティストってどんな人? VOL.01 -安藤萌-


What’s this?

ここでは、日々モノづくりを行うアーティストや、日々創造をするクリエイターを、独自の目線で紹介していきます。

近年、作家のアイテムや工芸品を取り扱うお店が増えた中、うちのお店も含めて、切り口は大体どこも同じで、オーナー自身飽き飽きしてきました。WEB・SNSで探せば見つかる情報をわざわざ何度も紹介する必要はないのでは?そう僕は思っています。そして自分自身が知りたい情報について再考していくと、”その人のパーソナルな部分”をもっと知りたいと僕は感じました。くだらない質問・関係のない質問ばかりですが、そこから見えてくる『その人の違う側面』『一人のヒトとしての顔』を知れたら、作品がもっと面白く見えてくるのでは?と。気まぐれなオーナーの性格で、”そんなコト” 実験的に始めます。



安藤 萌/Moyuru Ando


1989年生まれ。
2008~2012年フィンランドの「Liminka Art School」にて芸術、「Lahti University」にて家具、プロダクトデザインを学ぶ。
その後家具メーカーで設計と製造に携わり、福祉事業所での木工指導員を経て長野県上田市野倉にて工房を開設。​​地元で切り倒された丸太から木の器を製作している。

good is good.では、昨年2020年から、前身のチニアシツケルにてお取り扱いさせていただいておりました。木の作品は世の中に沢山ありますが、僕が一番惹かれたのは、安藤さんの穏やかで優しい部分(誠実さ)が作品に出ていたところ。(あとのQ&Aでも出てきます)『作品に惚れる』と一口に言っても人それぞれ。【カッコ良さ・美しさを追求する】ここに重点を置くとすれば、お料理に置き換えると【どれだけ美味しいか】に焦点を合わせること。【雑誌に載ってた人気の物】これの場合は、【予約の取れない人気店】という感じでしょうか。どれも大切な基準だと思いますが、僕はその人の”為人”を一番大事にしています。何かを買った後、使う度にその人の顔が浮かんでくる。その時に嫌な思い出だったら使うのが億劫になると思います。オリンピック関係の某ミュージシャンも、10年以上前にその一件を知り、聴くのをやめました。楽しみたい時に嫌な思いが少しでも【よぎる】僕はこれを避けたいタイプ。傲慢で高圧的な接客を受けてもなお通いたくなるのはラーメン屋さん位でしょうか。むしろそれが痺れる時もあるくらい。そう考えるとラーメンの中毒性はやばいですね。完全なしもべです。話が逸れました。今回、そんな作家の”為人”を少し知って貰うために『25の質問』を投げかけて見ました。



『安藤萌へ 25の質問。 』


質問答え
1.Q. 出身地A. 長野県朝日村
2.Q. 地元の好きなところA. スキー場があるところ
3.Q. 住んでみたい場所(国内外問わず)A. まだ行ったことがないアメリカ
4.Q. どこでもドアがあったらどこへ行く?A. 雨晴海岸
5.Q. 小さい頃の夢A. ゲームつくる人
6.Q. 今の夢A. 現在進行形です
7.Q. 生まれ変わったら何になりたい?A. 鳥
8.Q. 木工をやっていなかったら何の仕事をしていた?A. とにかく何かを作っていたことは間違いない
9.Q. 生きててよかったと思う瞬間はいつ?A. 村の温泉に浸かったとき
10.Q. あまり共感されない自分のこだわりやルー ルA. 就寝前にコーヒーを飲む
11.Q. 好きな音楽のジャンルは?A. アコースティック系
12.Q. 好きなミュージシャンは?A. Alex de Grassi など
13.Q. 猫派?犬派?A. 犬派
14.Q. その理由は?A. かわいい。猫はアレルギー
15.Q. 好きな漫画・アニメは?A. Ghost in the Shell
16.Q. 人生で1番の映画教えてくださいA. Gattaca
17.Q. 今声を大にして言いたいことA. 薪ストーブはイイ
18.Q. 趣味は何?A. 家庭菜園
19.Q. 休みの日に何をする?A. アイスを食べる
20.Q. 和菓子か洋菓子どっちがすき?A. 洋菓子
21.Q. 苦手なもの・嫌いなものは?A. 芋虫
22.Q. 作業工程で一番好きなところA. 形を考えながら削るところ
23.Q. どの木の匂いが好き?A. 甘い香りがする桜
24.Q. ものづくりをする上で大切にしている事A. 木と人に対する敬意
25.Q. 最後に本展についてひとことA. 楽しんでもらえると嬉しいです

good is good.のコメント


1. Q. 出身地 A. 長野県朝日村
初めて聞いた地名です。なんか聞いたところによると長野って”村”がダントツで多いそうですね。
ちなみに僕は京都府京都市出身です。妻は北海道札幌市出身。

2. Q. 地元の好きなところ A. スキー場があるところ
僕の妻も雪国育ちなのでスキーとか好きみたい。僕は内陸の盆地育ちなのでウィンタースポーツは苦手です。

3. Q. 住んでみたい場所(国内外問わず) A. まだ行ったことがないアメリカ
アメリカ僕も行ってみたい。余談ですが、親戚が嫁いでいます。

4. Q. どこでもドアがあったらどこへ行く? A. 雨晴海岸
雨晴海岸!?そこアメリカじゃ無いんですね!

5. Q. 小さい頃の夢 A. ゲームつくる人
ドラクエ派な僕は建築家でした。

6. Q. 今の夢 A. 現在進行形です
現在進行形ってカッコイイ。僕は言ったらネタバレになるので言いません。

7. Q. 生まれ変わったら何になりたい? A. 鳥
同じく。季節ごとに心地よい場所に移動したい。

8. Q. 木工をやっていなかったら何の仕事をしていた? A. とにかく何かを作っていたことは間違いない
安藤さんの作る他の物、見てみたいですね。

9. Q. 生きててよかったと思う瞬間はいつ? A. 村の温泉に浸かったとき
近くに温泉とか羨ましい。僕はなんてコトない日常に感動できた時。

10. Q. あまり共感されない自分のこだわりやルー ル A. 就寝前にコーヒーを飲む
笑 僕も同じタイプです。妻はコーヒー飲んだら朝まで寝れない人です。

11. Q. 好きな音楽のジャンルは? A. アコースティック系
アコースティック良いですね♪僕はそこにエレクトロニカが少し入るとドンピシャです。

12. Q. 好きなミュージシャンは? A. Alex de Grassi など
聴いてみました。心地いいフィンガーピッキングで最高でした。
僕からのおすすめはエレクトが少し入ったDofかな。

13. Q. 猫派?犬派? A. 犬派
僕も犬派。

14. Q. その理由は? A. かわいい。猫はアレルギー
やっぱり犬って愛嬌があるじゃないですか。でも自分の性格は自由気ままな猫。

15. Q. 好きな漫画・アニメは? A. Ghost in the Shell
攻殻機動隊は知っていたけど押井守が苦手で見てなかった。今回初見でめちゃ良かったです。損してた。
AKIRA・スワロウテイルの世界観好きな人におすすめ。ちなみにマトリックスは攻殻機動隊からインスパイアされてます。

16. Q. 人生で1番の映画教えてください A. Gattaca
まだ見れてないです。すごく面白そう。僕のベスト映画はベルヴィル・ランデブー

17. Q. 今声を大にして言いたいこと A. 薪ストーブはイイ
良さそう!でも試せる人(家)は限られる・・・

18. Q. 趣味は何? A. 家庭菜園
土いじりは本当に良いですよね!今はできていないけど、昔貸し農園で畑していました。

19. Q. 休みの日に何をする? A. アイスを食べる
休みの日にアイス・・・なんだか詩的(やってることは小学生)

20. Q. 和菓子か洋菓子どっちがすき? A. 洋菓子
これ妻が考えた質問。洋菓子を選んだ理由は直接聞いておきます。

21. Q. 苦手なもの・嫌いなものは? A. 芋虫
僕も芋虫嫌いです。毛虫も。家庭菜園大丈夫?!

22. Q. 作業工程で一番好きなところ A. 形を考えながら削るところ
そんなところを想像しながら作品楽しませてもらいます。

23. Q. どの木の匂いが好き? A. 甘い香りがする桜
毛虫の多い木はいい香りするんですかね?

24. Q. ものづくりをする上で大切にしている事 A. 木と人に対する敬意
自然と人への敬意、ここを作品から感じてお仕事をご一緒したいと思いました。

25. Q. 最後に本展についてひとこと A. 楽しんでもらえると嬉しいです
はい!個人的にも楽しませてもらいます!


皆さん如何でしたか?単純な質問でしたが、色々新しい顔が見えてきましたよね。自己満足かも知れませんが『ものづくりとは』とか『尊敬する作り手は』とかそんな堅苦しい定型より、ずっと面白い安藤さんの側面が見れました。空想(ファンタジー)と創造(クリエイション)を小さな頃から続ける。そして、自分がいる世界に敬意を払いしっかりと向き合う。遊び心と誠実さを併せ持つそんな方なんだなと思いました。

そんなウッドワーカー安藤萌の個展は2021年10月22日(金)〜10月31日(日)まで開催。

地元で伐採された多種多様の樹々から作られる、150点以上の野性味あふれる作品をどうぞお楽しみください。


サポートボタンについて

より良い展示、より豊かなものづくりを発信し続けていくために、サポート・支援ボタンを設置しています。独自性を保ちながら、流行りに流されない作家のものづくりを促進していくために、皆様の応援が力になります。100円からできる応援の形。『面白いな』と思ったら、ぜひ応援して見てください。